ウォーターサーバーの維持費について

小さい子供に蛇口から給水される水を飲ませると、腹痛で体調を崩してしまうことがあります。原因は飲水に含まれている、塩素や錆などの不純物にあります。家庭に給水される水には、殺菌や漂白効果のある塩素が含まれています。この効果のお陰で飲水として使うことができるのですが、塩素自体が人間の体に悪い影響を与えます。また、水道管を通って給水される水には、目に見えない錆が含まれていることがあります。小さい子供は免疫力が低いので、塩素や錆を含んだ水を飲むとすぐに体調を崩してしまいます。

小さい子供のことを考えたら、ウォーターサーバーを使って安全で美味しい水を飲ませるのが良いと考えられます。ウォーターサーバーは宅配水会社が提供している給水装置のことです。このウォーターサーバーに専用のボトルを取り付けることで、ボタンを押すと給水できるようになります。宅配水業者によって様々な水を提供しています。全て水道水よりも安全性が高く、安心して小さい子供に飲ませられます。

ウォーターサーバーは維持費が掛かります。サーバーを何時でも使えるようにするには、維持費として電気代が発生します。電気代は使用頻度によって変わりますが、毎月1000円前後と考えておくと良いです。水が途切れないようにするには、維持費としてボトル代が発生します。ボトル代は水の種類や水の量によって価格が変わります。天然水のボトルだと、500ミリリットル換算で約75円程度になります。ボトル1つには約8リットル~12リットルの水が入っており、毎月2~3つのボトルを届けてくれます。電気代とボトル代で毎月3000~4000円の維持費が発生します。ウォーターサーバーランキングから選ぶ時は水の料金などに注目して選びたいです。

 

Cone